煙突効果で燃焼力◎。炎と灯りを楽しむ焚火台 KOMOREBI(コモレビ)2022 NEW ITEM

2022 新製品 KOMOREBI

コモレビ(焚火台)

暗闇の中、焚火で暖を取りながらサイズの異なるシェードから漏れる焚火の灯りを楽しめる。

煙突効果で燃焼効率がよく、調理も楽しめる焚火台『 komorebi (コモレビ)』を2022年1月発売開始いたします。


照明のシェードのようなこぼれ落ちる焚き火の灯り

異なるお大きさの「シェード」の隙間から、焚き火の灯りがこもれでる姿は、重なり合ったシェード照明のようなやさしい雰囲気を演出します。

全体を照らす燃え上がる炎と、足元を優しく照らす灯りの組み合わせを ぜひお楽しみください!



コモレビ 燃焼の仕組み

吸気するロゴ 焚火台

komorebiは、「各シェードの隙間」「灰受けの穴」そして「ロゴの切り抜き」部分 から空気を吸気することで、煙突効果が発生し燃焼効果を高めます。

火付けも簡単にでき、川に落ちている木も燃え残りもなく灰しか残らないほどの燃焼力です。

シェードの隙間からは炎がダイレクトにもれない為、側面の輻射熱は抑えられています。



煙突効果の焚火台komorebi

煙突効果(えんとつこうか、英: stack effect)とは、煙突の中に外気より高温の空気がある時に、高温の空気は低温の空気より密度が低いため煙突内の空気に浮力が生じる結果、煙突下部の空気の取り入れ口から外部の冷たい空気を煙突に引き入れながら暖かい空気が上昇する現象を言う。


冷たい空気を下から吸い上げて上昇させる力で、空気の対流を促進させ燃焼効率化が格段に上がります。

コモレビは吸気する箇所が複数あるので、吸気がしやすいのも特徴です。

薪や枝などを燃やすには、空気の中に含まれる酸素が必要で、吸気がないと燃焼ぜず煙りが立ち込めるばかり。

火は空中の酸素と薪から出た気体(ガス)が結びついて燃えているので、薪やペレットなど燃料材を沢山入れても、吸気が弱い焚火台は火が消えてしまい煙だらけになってしまうのはその為です。



シェードの組み替えで火力調節

コモレビは、シェード(大)(中)(小)の組み合わせで火力の調整ができ、焚き火と調理を楽しむことができます。


焚き火のバリエーション

シェード 大 中 小 シェード 中 小 シェード 小 シェード 大 小
煙突効果 最大 煙突効果 中 煙突効果 小 煙突効果 中
燃えにくい薪でも可 ダイナミックな焚火 よりダイナミックな焚火 ダイナミックな焚き火
熾火状態で遠火調理 熾火状態で中火調理 熾火状態で強火調理



調理 焚火台


焚火で調理。鉄板とハンバーグと焚火台

付属のゴトクをのせて焚火調理が可能です。

ゴトクはデザインと強度から太目のモノをご用意しました。大丈夫なのでダッチオーブンの使用も可能です!



komorebi のコンセプト

komorebiの分解図 焚火台

"暗闇の中で暖と談をとりながら、

焚火の暖かさとシェードから漏れる優しい焚火の灯りを眺めるゆっくりと過ごす時間。

仲間と談話しながら、ソロで焚火をたのしみながら使ってもらいたい。"

そんな思いで開発した焚火台です。


シェード3 枚の重なり部分から漏れる灯りがやさしい木漏れ日のようにということで、

商品名を『 komorebi(コモレビ) 』と名付けました。


照明器具メーカーで学んだ経験をアウトドアギアに

企画担当は照明器具メーカーで勤務した後、キャンプが好きすぎてHangOutに入社。

照明メーカーで培った知識や経験をアウトドアギアに注いだ焚火台です。

部屋の中と外とでシーンや用途は異なりますが、灯りが作りだす演出、リラックス効果の重要性は同じです。

揺らぎのリラックス効果や陰影が作る演出性、そしてプロダクトの美しさと、キャンプギアとしての実用性。

調理・焚火・空間・炎の灯りを楽しむことをデザインした焚火台「komorebi」は、キャンプサイトの中心で癒しの光を灯します。




コンパクトな収納サイズ

すべてのパーツがシェード(大)のサイズに収まり、A4 の用紙とほぼ同じサイズですので、シェードと灰受けは入れ子になり、お弁当のように収まるので、バッグやリュックに入れて気軽に持ち運びしやすくなっています。


コモレビ 収納サイズ1コモレビ収納サイズ2

収納サイズ:幅 30 ×奥行 21 × 高さ 7 (cm)

重量:約3kg


焚火台にゴトクをのせて調理

軽さは求めず、シェードの歪みを極力抑えるように、シェードを上下に織り込み剛性を確保しました。

角にも歪み防止補強をプラスし、調理時のグラつきや薪を立てかけた際の安定性を高めました。

脚にフックをつけシェードの角を引っ掛けることで形状を保つように設計されており、組立式の焚火台によくあるグラグラ、バラバラな不安定感を避けた構造です。



Design / デザイン

デザイン 焚火台

単純な板の組み合わせとは差別化をし、燃焼効率と間接照明として機能するデザインを目指し、脚パーツはデザインと軽量化の穴をあけ、焚火の灯りが脚に映らないように黒色をセレクトしています。

類似の焚火台は、世の中にない HangOut オリジナルデザインの焚火台 『komorebi』は、2022年1月発売予定です。

発売日が確定しましたら、ブランドサイト、ECサイト、インスタグラムでお知らせいいたしますのでお楽しみに!



komorebi(コモレビ)

価格:17,600 円(税込)

KMB-01 komorebi

製品サイズ:W330×D230×H270mm

収納サイズ:W300×D210×H70mm


材   質:  シェード / 灰受け ステンレス(SUS304)

脚        スチール

製品重量 : 約3 ㎏


パーツ構成:8点

シェード(大)(中)(小)、灰受け、ロストル、脚パーツ × 2 ゴトク × 1

付属品  : 収納袋

JAN 4933178157008


発売予定日

2022年1月


※ 掲載商品の価格、仕様等は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

※ 商品のお取り扱い希望の販売店様は、HangOutブランドサイトよりお問い合わせください。

※ 取材、商品の貸出し、広報についてのお問い合わせは、HangOutブランドサイトよりお問い合わせください。


HangOut komorebi 動画


SEARCH- キーワード検索 -

PRODUCTS- 商品リスト -

アウトドアアイテム

グリーンテリアアイテム

CALENDAR - 営業日カレンダー -

2021年11月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2021年12月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

※赤色の日は休業日のため、ご注文は可能ですが、発送作業は翌営業日以降の対応となります。